FC2ブログ

ぐだぐだになる独り言

「だったら、昨日書け」と言う話だが。

日曜日にいつものごとく『PS』を見ていて思い出したが、いつだったか、米ちゃんが出たけど。

あの企画は、たしか、「名古屋に仕事で来た芸能人を捕まえて」と言う体(てい)のはず。

だけど、ブログに書いていた感じだと、「この仕事のために来た」感じだよなぁ。

企画の趣旨、建前が…。

番組スタッフ苦笑いだな。

しかし、ブログでの「赤ちゃん欲しいなぁ」って、年頃の女子としては、随分、思い切った発言だよなぁ。

その発言が許されるキャラ、立場だけど、「その前に相手は?」って話だな。

それにしても、もしも、明らかに自分に向かって、こんな事を言われたら、男は、仰け反る(のけぞる)ね。

俺なら、仰け反る。

「攻めてくるなぁ」って。

「猛アピールやなぁ」って。

こうなったら、男は、防戦一方だな。

いや、そんな経験は無いけど。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年も半分が過ぎようとしている。

少々、本分に立ち返ろう。

今後の℃を構成するのに”不必要”な要素を、今までのシングル曲のPVを見ながら考えた。

『ちらり』は、二年前で、既に彼女達も成長しており、この子供っぽさは合わないだろうし、多くのファンも望んではいない。
それに、「あえて、少し前のハロプロの感じで撮った」と言う経緯もあるだろうから、そこも考慮すると、時代の流れにも合わない。

『めぐる』は、これも『ちらり』と同じような理由から、今後は無い。
白衣装も「白一色」のセンスがどうかと思うが、もう一方の衣装は問題外のダサさだ。

『FOREVER』は、各自の個性を無視した、スーツ衣装は無い。
「腰に着けたチェーンが違う」など、誰が気付くものか。
そんな事、カメラが寄っても気付かないし、だいたい、そんなところに寄りはしない。
これは「受け手の立場になって考える」「受け手の目線で見る」と言う事ができていない証拠。
客観的に物事が見られない証拠。

『BYE』は、全体のコンセプトそのものが、℃のグループとしての個性など完全に無視し、受け手の望むものに全く合っていない。
ただの、作り手の浅ましさ、感傷から作られたモノ。
そんなモノ、売れない。
中でも、特に、あのギラギラ衣装は無い。
あのセット、あのコンセプトの中でしか成立しないものを、表に出すな。
表へ向けては、普遍的に受け入れられるモノを作れ。
マイナーへと流れるな、流されるな。
ニッチ(すき間)を狙うな。
ターゲットを絞るな。
異常なモノを作るな。
正常な感覚で、正常なモノを作れ。

『暑中』は、あの、カビの生えた古いアイドルを意識した歌衣装は、絶対に無い。
娘。の『しょうがない』の時と全く同じだが、個性を全く反映していない、一見して同じ衣装など着せるな。
しかも、これも、娘。の『しょうがない』の時と全く同じだが、個性を完全に無視して同じ髪形にさせるなど、不愉快、極まりない。
恐らく、この二つ、『しょうがない』と『暑中』の歌衣装のパートは、同じ人間の仕事だろう。
そいつは、要らない。
同じ人間でないのなら、そいつらは、要らない。

『ラララ』『江戸』は1フレームたりとも外に出すな、1音たりとも流すな。
完全に、その存在を抹消しろ。
℃を、引いては、ハロプロをツブす事になる。
それほどの、最悪の存在だ。
『都会っ子』でも『涙色』でもなく、『ラララ』で『Mステ』に出られたのは、それほどのクソだったから、ハロプロを潰したい番組サイドが出させたんだぞ。(先日の魔のエリも、全く同様の理由から)
それだけハロプロは、本質的には、アップフロントは嫌われている。
ボスとして「他人を不愉快にさせる天才」を頂いているんだ。
それを自覚しろ。
喜び勇んで、まんまと敵の罠にハマりに行くな。
この、バカ供が。
(もし、ハロプロ勢がエイベから出せば、そう言う事にもならんのだろうがな。さすがに、今のエイベを敵に回そうとする奴はいないだろう。マックス社長も昔からラインナップとして女性アイドル歌手は欲しそうだし、娘。でもベリ工でも℃でもいいから実現できないかな?エイベも最近はJ勢も扱ってるし、ハロプロ的にも「別のレコード会社から」と言うのは武斧ではできたんだし。もちろん、♂は完全に抜きで。それが絶対の最前提条件で)

全体的に言えるのは、ステージ衣装はステージの上だけで着ろ、着させろ。
その方が、まだ、ダメージは少ない。

さらに一言で言うなら、「空気が読めない」。
それに、尽きる。

世の中を見ろ!

テレビを見ろ!

ファンに恥をかかせるな!

その感覚が理解できないのなら、消え失せろ。
今すぐ消えろ。

消せ。

消す。

上記の要素、『ちらり』『めぐる』『ラララ』『江戸』『BYE』の各曲、『FOREVER』のスーツ衣装、『暑中』のカビの生えた古臭いアイドル衣装及び全員同じ髪形、以外で、今後の℃を構成しろ。
そうすれば、売れる可能性は高くなる。

それは、娘。も、ベリ工も同じ。
同じように排除すべき要素は腐るほどある。

上記の排除すべき要素の全てではなくても、多くに関わっている人間がいるよな。
今後は、そいつを、完全に外して構成しろ。

完全に、だ。

お前は間違っている。

また、本人が自覚しているのなら、絶対に口出しするな。

プロデュース、マネージメント、ハロプロの全てで、そうしなければダメだ。

それがなんであろうが、だ。

例外は一切、無い。

過去にさかのぼっても、例外は一切、無い。

認めない。

それができなければ、あと半年で、ハロプロの売り上げは実質ゼロになる。

できないのなら、俺は、俺で、出来る事をするまで。

既に、ファン数は、危険水域に入ってきている。
その影響が顕在化してくるのは夏くらいからだろうとみている。
ファンとしては、それが外れる事を祈るが、俺の予想は、よく当たる。

そんな危機的な状況にもかかわらず。
全く危機感が無いのか。

変えたつもり、変えようと努力しているつもりだろうが、最悪の流れは何も変わっていない。

例えば、いつまで経っても、「produced by」すら消さない。

なぜ?消さない。

「ハロプロ」を新しく、ブランドとして立ち上げなければ、活路は無いだろ?

それは過去のブランドとの決別を意味する。

なのに、そんな糞ブランドを、いつまでも後生大事にするな。
ファンに「ウンコ」とまで呼ばれ、忌み嫌われている男の名前を出して、なんになる?

それを続ける事に、何か売り上げにプラスになる、合理的理由があるか?

無いだろ。

むしろ、大きなマイナスだ。

アイドルビジネスの原理を逆作用させ、ファンを不愉快にさせるだけだ。

俺は、変化の兆しを求めて、そこだけを見てきたと言ってもいい。

なのに変えない、変わらない。

こんな事すら変えられないのなら、今後も、何も変えられない。

これに関しては猶予(ゆうよ)は与えない。

どうしても変えられないのなら、今すぐ、アップフロントを叩き潰してでも、強制的に流れを変えてやろう。

俺としても、それが一番、手軽で、手っ取り早い方法なんだ。
ただ、俺の価値観に反するから実行しないだけだ。

だが、ここまで、何も変えないという事は、それが望みなんだろ?

自分達では流れを変えられないから、それを望むんだろ?

望みはかなうよ。

かなえてやるよ。

遊びじゃないんだ。

娘。さん達の人生が懸かっている。

ファンの夢も、プライドも懸かっている。


結局、ハロプロが終焉を迎えて、一番、困るのは誰なのかを、考えろよ。

まぁ、バカは、考えられないんだけど。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ここ最近の『今うさピー』を聴いていて思うが、「あのぉ」が多いよなぁ。

考えながら喋ってるのか。

考えておいたものを思い出しながら喋っているのか。

まっ、どっちかかな。

いや、気になってたんで。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

珍しく、リアル独り言。

登場人物の人数が合わないから、分かりづらい。

伝わりにくいなぁ。

占いどおりだ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

名古屋場所が近いからか、PCショップで、お相撲さんが買い物をしているのを見た。

まぁ、見た感じ、番付は下の方で、おつかいだろうな。


これも、どうでもいいっちゃぁ、どうでもいい話だけど。

いや、「どうでもいい」と言っては失礼か。

とある番組に出ていた、声優のナヅカカオリを見て「やっぱり、美人だよなぁ。でも、誰かに似てるんだよなぁ…」と思っていたが、しばし、考え、「あぁ、米ちゃんに似てるのか」と気付く。

マジで似てる。

「姉妹?」ってくらい似てる。

特に、正面顔なんて、そっくり。

笑顔もそっくり。

笑顔の作り方が同じ。

いやぁ、俺も、細かいところを見てるね。

とにかく、似てた。

で、番組後半は、当然のごとく『絵売れか』の話だったけど、もう、俺にはトラウマアニメですわ。

主人公がヒロインに相手にされないは、兄貴分に足蹴(あしげ)にされるは…。

しかし、それも、もう、3、4年前になるのか。

当時、あの感想と言うか、見て思う事を書いてからは見なかったが、あの後、俺が書いたような、「こういうアニメじゃないのかよ」的な方向に軌道修正していったんだろうか。

だからなのか、その後も、何だかんだで続き、最近では、劇場版にまでなったんだから、分からんもんだなぁ。

その劇場版は、それこそ、俺の書いたような方向性の話のような気もするが、やっぱり、そう言う方向性を望むファンが多かったのかなぁ。

だったら、何で、最初から、入り口から、そう言う話にしてくれなかったんだよ。

おかげで、俺は、このアニメを見損ねてしまったじゃないか。

それどころか、トラウマだ。

いまさら、テレビシリーズ全50話位を追いかけるのも、なんだしなぁ。

明日くらいにDVD出るし、劇場版くらいは見ようかなぁ。

米ちゃんついでに、昼に帯でやってる長寿番組の、火曜日のOP、新しく始まった、写真を見て「何を考えていたか」を答える大喜利コーナーは、短い言葉の方が笑いは獲れる。

米ちゃんの答えは、文章が長い。

って、芸人じゃないんだから、貪欲に笑いを獲りにいかなくてもいいんだろうけど、獲れるに越した事はない。

しかし、新曲の為なんだろうが、グラサン司会者も突っ込むほどの、頭爆発だったけど、それでも美人だったなぁ。

あれだな、バッチリメイクすると余計だが、顔のつくりが派手だから、あれくらいの派手な髪形でも似合うのかな。
「顔が負けてない」って言うか。
カミヌマエミコの料理番組の時は、番組に合わせて全体的に地味目で、なんか、イマイチだったもんなぁ。

重さんは、米ちゃんと、逆なんだけどね。(この二人は…どこからどこまで、逆だな)
サイドにボリュームが無い方が良い。
シンプルな方が良い。
ウェーブかけるにも、顔よりも下くらいの方が良い。
ミツアミをほどいたら、こうなりました的な感じ。

ブログで見た、冷凍ご飯と写っていたのも、かなりの美人だった。

その前の、ラーメン屋で、いかにも、髪の長い女性がラーメン食べる時に髪を結びました的な写真は、一瞬、「誰だ?」と思うくらい美人だった。

先週、久しぶりに『六角形』を見て、歌ってるのも見たけど、歌の最初のカットを見て、思わず出てしまった言葉が「スタイル、いいなぁ」だからな。

そりゃ、渋谷の放送局に”家族”と出たときに、Vで、あのPに「パーフェクト」と言われるだけのスタイルの良さだよ。

本当に、スゴイ。

凄くスタイルが良い。

本音を言うなら、裸が見たい。

個人的に。

ま、エロくはないんだけどね。

重さんの、ぷにエロな体つきとは、やっぱり、逆だな。

それは、個性の違い。

相手によって、求めるものは変わる。

と言うわけで、ナヅカカオリついでに、最近の米ちゃん関連を、やっつけで書いてみた。

『グー短』はタイミングが合わずに、書きたい事も色々あるが、長いのは書けず。

バレないように上手くやってくれるなら、浮気してもOKですか…。

本音かどうか…。

だいたい、浮気は絶対、バレるからな。

だから、俺は、宣言してから浮気する…かもしれない。

…自信過剰な奴だ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>