FC2ブログ

ぐだぐだになる独り言

新聞を読んでいて思ったが、日々、罪を犯した人間が捕まり、断罪されている。

だが、ハロプロを通して、とある会社を観察していると、何十万人、何百万人のファンのプライドを傷付け、神経を逆なでし、心を踏みにじり、プロデュースと称して未成年も多い娘。さん達をオモチャにし、娘。さん達の人生をメチャクチャにし、ハロプロの価値を下げるマネージメントをし、会社の売り上げを激減させても、誰も、何の罪にも問われない。

「会長」「社長」「マネージャー」「プロデューサー」などの肩書きは免罪符なのかね。
世間の常識として、それらの肩書きの人間こそが、責任を負わなければいけないはずなんだけどなぁ。

まったく、世の不条理を感じるよ。

まぁ、人生なんて、終わってみればトントンだろうから、そう言う人間達も、これから、それなりの報いを受けることになるのだろうとは思うけど。

あぁ、これは俺の人生観だから、そうなるとは限らないけどね。

他人を幸せにすれば、その幸せは自分に返ってくる。
他人を不幸にすれば、それも返ってくる。

そう信じたいよ、コケにされ続けてきたファンとしては。

あぁ、これも俺の人生観に過ぎないけど、ハロプロ関係者には、特大の不幸が返ってきそうだがな。

どうなるのか、行く末が楽しみだ。

「因果応報」だな。

俺的には、ファンとしては、それを何とか、良い方向に向けたいんだけどねぇ。

ただのファンが趣味の範囲でやるには、なかなか難しい。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あっ、間違えた。

「プライマリーモニター(TVに出力)」ではなく、「セカンダリモニター(TVに出力)」だった。

ついでに言うなら、「プライマリー」ではなく「プライマリ」なんだろうか。

いやぁ、別に訂正するほどの事でもないけど、翌朝、更新内容を思い出していて気付いたので。

えぇ、「どうでもいい話」は、本当に「どうでもいい話」なので、気にしない気にしない。

特に、壁の向こうで聞き耳立てている人達は、変な深読みはしないように。

言いたいことがあれば、ストレートに書きます。

深読み無用です。

今まで書いてきた、次で777回の更新内容も、(ほぼ)全てストレートです。


これも、完全にどうでもいい話だけど、知のブログの「本日終了☆」の写メを見て、「どこだろう?TBSか」と思い読み進めたら、どうやら正解だったようだ。

見れば分かるが、あの写メで分かるって言うのも…使えない特技だ。


これもどうでもいい話かもしれないが、米ちゃんの食卓の様子を見て思ったが、イカの塩辛が見あたらないような…。

あれだけ言ってたのだから、既に不動のレギュラーで、当たり前すぎて、紹介もされなかったのだろうか。


これは、個人的に、どうでもよくない話だけど。

重さんは、酒の味に慣れてきたのかぁ。

うぅぅん…。

正直、俺の人生で一番、徹底的に、できるだけ避けているのは、酒。

ダジャレでなく。

酒を飲むこと、酒を飲む人、酔っぱらい…。

うぅぅん…。(←珍しく、悩んでる。「俺は悩まない、考える」と豪語した男が…)

そこは俺の行動原理に関わるところだから、折り合いをつけられないだろうなぁ。

うぅぅん…。

社会悪でも、絶対悪でもないから、「飲むな」とは言えないし…。(迷惑な酔っぱらいは社会悪だが)

酒かぁ…。

酒…。

まだ未成年だったからなぁ…。

うぅぅん…。

重さんどうこうの話でなくても、どこかで折り合いをつけなくてはいけない時は来るんだろうなぁ。

そこを何とか、ここまでの人生、うまく避けてきたんだけどねぇ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日のおやつはドーナツでした。

重さんは朝食がドーナツだったようで、奇遇だな。



どうでもいい話だが、娘。紺のDVDとか、いつものようにハロプロ専用機で再生して見ようと思ったんだが、どうも、いまいち映像が汚い。
デブロッキングはしてるけど、ノイズリダクションは効いてない感じ。

正確には、プライマリーモニター(TVに出力)では効果がないように見えるが、どうもメソッド自体が変わったのかなぁとも思う。

最近、ディスプレードライバーを、DVDの再生でハングる致命的なバグが消えたか疑念を抱きつつ、久しぶりに、最新のバージョンにしたのが原因なのは分かっていたので、去年の4月にリリースされたのを再インストールして問題解消。

これで元通り。

てか、今まで、どれだけキレイに再生できていたのかが分かった。

しかし、毎度、こうもバグだらけ、問題だらけだと、ラデは初心者には向かないな。
初心者はゲフォにしとけと。

いや、ゲフォがどうなのかは知らないけど。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ビリー』を見ていたので、ちょっと遅め。

それにしても、今日は、昨日にもまして、暖かかったなぁ。

「空き家の」米ちゃんが行っていた北海道は、さすがに寒そうだが。

逆に、重さんは、比較的温暖な国に行ってるみたいだな。

まぁ、そんな、お天気話はいいとして。

tubeに、アップフロントのチャンネルがあったんだな。

昨日、知った。

たぶん2週間くらい、ファンにさえも、ほとんど知られず存在していたようだな。

昨日見た時の再生回数が数百、翌日見たら約1万だったから、ファンの運営する情報サイトからリンクが張られていることで気付いた、俺みたいなファンは多いと言うことだろう。

だからスマイルのメッセージなんだろうが、なんだろう、この、ネットが普及しだした頃のような、作っただけで満足してるような。

それだけで、仕事をしたような気になってるのは。

目的は宣伝だろ。

それが、ファンにすら知られず2週間も放置って、どういう事だよ。

本当に、おかしな会社だよ。

到底、レコード会社、芸能界の会社とは思えない、この、時代の変化について行けなさっぷり。

俺もおっさんだが、やっぱり、年寄りの会社はダメだな。

経営環境の変化についていけていない。

(単に社員がするべき仕事をしていないだけとも言えるが…それはそれで問題)

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日は暖かかったなぁ。

今週は暖かいみたいだなぁ。

AOUショー(←正式名は違う)も始まったし、春が近づいてる感じがするねぇ。



重さんは、仕事で海外かぁ。

自分のケータイが使えずマネージャーのを使ってブログの更新をしてるようだけど、たぶん、日本国内の料金体系は適用されないから、下手をすると、請求書を見て驚くことになると思うけどなぁ。

日本から持っていったケータイを海外で使う場合の落とし穴ですな。

まぁ、会社から支給されてるケータイか、料金自体、経費として落ちるんだろうけど。

そのブログだが、2週間で670万アクセスかぁ。
これが多いのか少ないのか分からんが、1日辺り40万強ってところか。

千奈美に、アクセス数のランキングでは、連日トップだな。
たぶん、ダントツでトップだろう。

単純比較は出来ないが、米ちゃんのが、たぶん、人気がピークの頃で20万くらいだよなぁ。
あれだけ人気がある、ファンがいると思われる米ちゃんのピークの、その2倍はあるという事は、やっぱり、腐っても「娘。」だけあるな、当たり前だが、相当、ファンはいる。

これだけの人気がありながら、それを商売に繋げられないというのがハッキリしてくるな。

だとしたら、それは、誰が悪いのか、だ。
まぁ、これだけ人気がある娘。さん達が悪いとは思えない。

明らかに、娘。さん達の商品価値は高い。
しかも、極めて高い。

今の重さんで、米ちゃんのピークの倍だ。

それが、あれだけの集団でいる。
ハロプロには、とんでもない商品価値がある。

なのに、簡単に、娘。さん達のクビを切って、捨てる。
バカな会社だよ。

そんなバカなことが、これからは無いことを祈る。

クビを切るならプロデューサーだ。



「全体の利益と個別の利益」の話を、ちょっと。

ドラが日本一になった時、それを決めた試合で「完全試合目前」まで行きながら、最後のイニングに監督が投手を交代させたことが、ちょっとした議論になったが、あれが、まさに「全体の利益と個別の利益」の問題。

監督の立場からすれば、全体の利益である「チームの勝利」、ましてや、日本一がかかった試合の勝利を優先させることは正しい。

特にドラは、あの時点で一番、日本一の座から遠ざかっていたのだから、なおさらだ。

もちろん、ファンの中には完全試合を見たい人もいるだろうが、全てのドラファンの望みは、間違いなく「日本一になる事」であり、それが全体の利益そのものに繋がる。

そこを考えれば、シーズン中もその形で一番勝ってきた、一番勝率の高い方法を取るのは当然だろう。

人の上に立つ経験のある人、もしくは、それを想像できる人は、たぶん、あの交代を肯定的に評価しているんじゃないだろうか。

あの交代に否定的な人は、たぶん、その経験が無い、想像が出来ない、全体の利益よりも個別の利益を優先させる人なのだろう。

それが間違っていると言うのではなく、立場によって違うと言うこと。

アップフロントと言う会社のバカさ加減は、バカ会長以下、バカ社長も、バカプロデューサーも、自分の立場に求められている「全体の利益と個別の利益のバランス」を自覚していない事に、原因の一つがある。

会社からプロデューサーの肩書きと権限を貰ったからと、自分の求めるものを具現化する、個別の利益を追求するために、「プロデュース」と称して、娘。さん達をオモチャにするなど問題外だ。

その権限は、全体の利益を実現するため、会社に利益をもたらすために与えられたもの。
会社の利益は、もちろん、娘。さん達の利益にもなる。

そして、会社に利益をもたらしてくれるのはファン以外の何者でもない。

ならば、ファンを増やすこと、ファンの望むものを作るのがプロデューサーの仕事だ。

「なのに…」

娘。さん達が、憲法で保証された基本的人権にも属する権限を、契約に基づき、会社に一時的に譲渡するのは、自分を一円でも高く、一日でも長く芸能界で売ってもらうため。
プロデューサーのオモチャになるために、会社と契約しているのではない。

また、娘。さん達自身も、それを忘れてはいけない。

自分達が契約しているのは会社、帰属、所属しているのは会社だ。
決して、プロデューサー個人と契約しているのではない。

「自分に全てを与えてくれる」などと勘違いして、個人を崇拝(すうはい)するな。
自分に何かを与えてくれる者がいるとすれば、それはファンだ。

だから、”いろいろな意味で”ファンを裏切ってはいけない。
裏切る時は、全てを失う時だと思え。

なぜ、こうなってしまったのかを考えると。

娘。は、元々、終わったバンドのメンバーに仕事を与えるために、番組の企画を絡めて始まった。
完全に、個別の利益のために始まったと言っていい。

しかし、バカ当たりして、そのおかげで、会社自体大きくなり。
当初とは、状況が明らかに変わったのに、いつまでも、個別の利益だけを優先していることが現状を招いてしまったと言える。

結局、規模の拡大に伴う責任の増大を軽視、いや、無視、逃避してきた事による”歪み”だろう。

規模の小さな当初は個人的なお遊びで許されてきたが、ファンが増え、規模が大きくなれば、その期待に応え、全体の利益を優先しなければいけないのに、いつまでも個人的なお遊び、個別の利益の追求を続けさせてきたことが、会社として間違いだった。

それらを改めるにはタイミングが遅いと、俺は感じている。
遅れてもやるなら、まだマシだが…。

「打率3割で一流」だ、俺が間違っていることを祈ろう。

まぁ、そこを間違えるのであれば、この便所の落書きの存在価値は無いがな。



「書く必要はないか」とか言いつつ、書いてるなぁ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>