FC2ブログ

ぐだぐだになる独り言

昨日の怒りサンキュウさんは、すっけすけだったなぁ。

その前は裏モモ全開だったし、分かりやすいアピールだなぁ。

それにしても、髪が短くなってたけど、今のように、前髪のボリューム感を出した方が良いような気がする。

まぁ、TPOは考えているんだろうけど。

一昨日の『朝ちゃん』のお歳暮話で、なにか、過剰に美人でセクシーな医者が「人は自分に好意を示す人に好意を持つもの」と言うような事を言っていたが、まぁ、当たり前だよなぁ。

あっ、サンキュウさんの思いは俺が受け止めます。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

藤原満ち足り。


どうでもいい話だけど。

先週の『の歩き方』は看板の地元の京都ロケで、O形が観光できていた義理のお兄さんの両親に偶然、遭遇し、「結婚式以来」と言っていたが、まぁ、そうだよなぁ、会わないよなぁ。

俺も、妹の旦那の両親とか、兄弟とか、結婚式の時にあっただけだもんなぁ。

そんなもんだよなぁ。


『全F成』を見たが、ツッコミどころ満載のような気がするが…。

でも、まぁ、ああいう、主人公は頭が良いという設定は、本を書く人間がそれ以上に頭が良くないといけないから、難しいよなぁ。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

昨日の朝サンキュウさんは見事に脚を隠してたなぁ。

でも、想像力で補う。

見えないところは想像力で補う。

賃パンと違って、人間には想像力がある。

こっちも想像力だが、「トマ損空間」は、そう言う由来だったのか。

以前にも書いた事があるような気もするが、80年代中頃か後半に読んだマンガに、学校の階段の下などの無意味な空間と言う説明で出てきて。

そのように意味は書いてあったが、由来が分からなかった。

調べるほどでもないから調べてなかったが、答えに偶然出くわすのは面白い。

まぁ、そんな昔の、くだらない事を、よく憶えているなって話だが。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今日から気温が下がるみたいだし、そろそろ、ストーブを出すか。


「もーやーこ」じゃなくて、「もぉやっこ」じゃないか?

少なくとも、ウチのおばあちゃんは、そうだが。


昨日の『朝ちゃん』を見ていて思ったが、誰というわけではないが、なんか、全体的に、語尾がごにょごにょして、何が言いたのか分からない。

半年以上経っても慣れていなくて、探り探りだからなんだろうが。

こちらは慣れてきたからか、端に座ってる、おっぱいの大きい新人の子が、たまに、家でテレビを見てるのかと思うようなリラックスした姿勢でいる。

あまり、見栄えの良いものではないと思う。

映ってる限りは誰かに見られているんだから、気を抜かない方が良いと思うんだけどなぁ。

それにしても、サンキュウさんは、キレイでかわいい。

先週の怒サンキュウさんは、裏モモがエロかったし、完璧だな。

嫁にしたい事、この上なし。

どうでもいいが、サンキュウさんが「自分は二人目の女の子でアルバムの厚さが半分」と言っていたが、ウチの妹のところの二人目もそうなるのか。

まぁ、今時は、アルバムの厚さではなく、データ量のような気もするが…。

思わぬところにジェネレーションギャップ。


この前の「民主主義と資本主義は本質的には同じで…」うんぬん話を、もう少しまとめて。

商品が売れるのはニーズに合っているから売れる。

合っていなければ売れない。

それだけ。

そして、売れるだけなら、まぐれでも売れる。

でも、売れ続けるには、ニーズの変化に合わせていかなければいけない。

その方法は、自律的調整が良いんじゃないか。

受け手のニーズ、その変化を完全に把握し、さらに、変化の先を読み、それに合わせられる人間などいない。

いたとしても、独裁者になりやすいし、そうでなくても、いずれ、いなくなったときのことを考えれば、やはり、自律的調整の方が良い。

ただ、これは、ニーズの後追いなので、全てで有効な考え方とは言えない。

サービス業向けの考え方か。

この便所の落書きの本分で言えば、例えば、多人数アイドルグループは、多様なニーズに対応する品揃えが出来る反面、当然、人数が多いのでコストはかかる。

多様なニーズに合わせた多品種の同時開発が可能で、商品化までの時間が短くてすみ、利益率が高く、そのコストが吸収出来るから、なんとかなっている。

もちろん、多様なニーズに対応する品揃えを考えれば、個性をつぶすような事をしてはいけない。

Jの少人数グループを複数というのも似たようなものだろう。

この裏返しで、ソロは極めて難しいとも言える。

受け手のニーズに合わなければ、どうしようもないし、合ったとしても、ニーズの変化に合わせる余地が少なく、売れ続けるのは難しい。

なので、総占拠のような、定期的でも、不定期でも、ニーズをとらえる仕組み(と同時にイベントにもなっている)が必要なんじゃないかと思う。

全ては、受け手のニーズが決める事。(主権在民)

売り手のエゴなどクソ食らえだ。

たぶん、経済だけではなく、政治の方も同じだろう。

あっ、ホングコングの話とかは、フリを兼ねた我が愛読紙への燃料投下です。

15日の朝刊が真っ赤かだったから。

なんだろう、ずば抜けて左寄りの班がいるよね。

そのせいで、全体がそうだと思われているような気がする。

結局、ここで書いてきた「流れを読んで、空気を読んで、先を読む」とか、「半歩先を読む」とかも、ニーズの変化の先読みの話になるのだろうなぁ。

こうすれば売れるよって話は、こうすれば売れ続けるよって話でもあったんだなぁ。

まぁ、どういうメカニズムで売れるのかと言う事を理解して、後は、ニーズの変化を反映するシステムを組み込めば、そうそう崩れないんじゃないだろうか。

自分達の小屋で~とかは、偶然だろうけど、自律的調整さえ崩さなければ、長く続くと思うけどなぁ。

ただ、最近だと、「大人」とか、「アルバイト」とか、おそらく、自覚のない隠れ独裁者様の権力を使っていただけで、別段才能があるわけでもないのに勘違いしている人間の仕事で、崩れる可能性は高いけどね。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

そろそろ、ストーブを出すか。

いや、まだ、早いか。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>